相続分はいくら?

民法では、相続人が相続財産を相続できる割合を法定相続分として以下のように、定めています。

1.配偶者と子供(または孫)が相続人である場合

配偶者1/2 子供(2人以上のときは全員で)1/2

2.配偶者と親が相続人である場合

配偶者2/3 直系尊属(2人以上のときは全員で)1/3

3.配偶者と兄弟姉妹が相続人である場合

配偶者3/4 兄弟姉妹(2人以上のときは全員で)1/4

なお、子供、親、兄弟姉妹がそれぞれ2人以上いるときは、原則として均等に分けます。
また、民法に定める法定相続分は、相続人の間で遺産分割の合意ができなかったときの遺産の取り分であり、必ずこの相続分で遺産の分割をしなければならないわけではありません。

ページトップへ

サイト内を検索

司法書士を検索 兵庫県司法書士会阪神支部所属

地域を選択 キーワード(住所、最寄駅など)
無料相談会のご案内