誰が相続人になるの?

相続人とは、被相続人(=相続される人)が亡くなったときに、相続する権利がある人をいいます。
誰が相続人になるのかは、民法により相続順位というものが定められており、相続できるかどうかは、この順位により決定します。

配偶者

相続順位はなく、常に相続することができます。

子供(胎児も含む。)、養子、あるいは孫、ひ孫子

第1順位。配偶者と同様で、常に相続権があります。

父、母、あるいは祖父母

第2順位。第1順位の相続人がいないときに相続権があります。

兄弟姉妹

第3順位。第1、2順位の相続人がいないときに相続権があります。

ページトップへ

サイト内を検索

司法書士を検索 兵庫県司法書士会阪神支部所属

地域を選択 キーワード(住所、最寄駅など)
無料相談会のご案内