相続登記の手続き

1.相続登記手続きとは

被相続人の相続財産の内、被相続人の名義となっている土地や建物の名義を相続人に変更する手続きです。
相続登記を申請するには、管轄の法務局に対して、戸籍謄本等の必要書類の収集、名義変更に係る税金(登録免許税)の計算、遺産分割協議書や登記申請書の作成を行い、提出することが必要になってきます。

2.相続登記手続きの流れ

相続登記の流れは以下のようになります。

1.遺言書の有無の確認

故人の遺言の有無を調べます。自筆証書遺言・秘密証書遺言は、家庭裁判所で検認を受けることが必要です。

2.相続人の確認、相続財産・債務の調査

戸籍や住民票を取り寄せて、相続人が誰であるかを調べます。
不動産・預金などの財産、借金などの債務の調査を行います。

3.法定相続、遺産分割、相続放棄

法律による規定に沿った相続もしくは相続人の全員で遺産分割の協議をします。
また、場合によっては、相続放棄を行います。

4.不動産の相続登記

不動産の所在地の法務局に申請します。

ページトップへ

サイト内を検索

司法書士を検索 兵庫県司法書士会阪神支部所属

地域を選択 キーワード(住所、最寄駅など)
無料相談会のご案内